要注意外来生物

2018年5月31日

羅臼に遅い春がやってきました。
様々な花が開花するこの時期、道路沿いでよく見かける花の一つにハルザキヤマガラシがあります。
例年5~6月に黄色い綺麗な花を咲かせますが、実は外来生物法の要注意外来生物に指定されており、在来の植物との競合が問題になっています。
羅臼ビジターセンター周辺では毎年、ハルザキヤマガラシの除草を行っており、年々数は減ってきています。
お花畑が黄色一色にならないように、様々な植物が生育できる環境を守っていきます。