バイケイソウ(自然情報UP)

2018年4月27日

ビジターセンター周辺の散策路沿いにバイケイソウの群落がありました。
バイケイソウはユリ科シュロソウ属に属する多年草で、羅臼では7~8月に白い花を咲かせます。
葉は大きくなると30cmほどになるので、近くで見ると迫力があります。
湿った草地に生息するので、ビジターセンター周辺では羅臼川の支流などで大きな群落を観察することができます。
この時期の新芽は一見、美味しそうに見えますが、根を食べると中毒を起こす可能性があるので、くれぐれも注意してください。