4月18日【相泊巡視】自然情報

2013年4月25日

4月18日に、羅臼ビジターセンターのある湯ノ沢から、知床先端部入り口の相泊の区間、
区間内の漁港、河川の巡視を行いました。
巡視の主な目的は、鳥インフルエンザの疑いのある具合の悪そうな水鳥はいないか。
鳥獣保護区を知らせる看板に異常がないか、などです。

夏羽の黒いマスクに衣替えしたユリカモメたち

ウミウも顔の白い羽毛が目立つようになっていました。
まだまだ雪の降る羅臼ですが、鳥たちは着実に衣替えをしています。
夏羽の黒いマスクに衣替えしたユリカモメたちウミウも顔の白い羽毛が目立つようになっていました。
まだまだ雪の降る羅臼ですが、鳥たちは着実に衣替えをしています。

<今回の巡視で確認できた野生動物は下記の通りです。>
■鳥類:オジロワシ、トビ、カワガラス、ハクセキレイ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、シノリガモ、ヒドリガモ、ユリカモメ、ウミウ、キタキツネ、エゾシカ、ハシブトガラス、ハシボソガラス
■哺乳類:エゾシカ、キタキツネ

環境省 上村